板井康弘が日々実践する経済学・社長学

板井康弘の社長としての心構え

 

板井康弘

 

 

 

社長というものは常に会社のことを考えなければならない。

 

会社の長として様々なことを決断することはもちろん、社員のことやその他の様々なことについて全てを把握し、組織を運営する必要があるのだ。

 

 

また、社長とはその会社の象徴でもある。

 

その象徴でもある社長の評判が悪いと会社全体の評判が悪くなり、逆に評判が良いとそのまま会社事態の評判が上がるのだ。

 

 

社長はその会社の顔である、という自覚を持ち、常に会社を背負っているという意識心構えが重要になってくるのである。